神官の家

敷地:長崎県対馬市上対馬町
用途:専用住宅
延床面積:専有面積約160平米(坪) 
構造形式:木造平屋建
内壁+天井:漆喰仕上げ(ボード下地)
外壁:スギ13t横張/木摺り下地漆喰塗り
/窯業系サイディング12t+塗装
床:無垢木フローリング20t
設備:トイレ+ガスボイラ+エアコン+上下水道
工期:2006/7〜2007/2
工事費:約2040万円<42.5万円/坪>(消費税込み)
設計担当:塩谷英一
施工:神宮工務店

ギャラリーを営むSさんに誘われて、離島対馬を訪ねたところから、この家の再生が始まった。福岡から厳原へ飛行機で30分、そこから、レンタカーに乗り換えて陸路を1時間30分。比田勝という小さな港町は、もう向こうを見やると韓国の釜山が見えそうなほどに、対馬の北端に位置してる。其処に陶工Tさんの家があった。(「陶芸家」と言わないのは、本人の希望が含まれている。)
家は築200年に達するという。オモテには、銀色のアルミサッシが並んでいて、そう古くはない繕いがなされているが、瓦の古さ、そして、内部の柱梁の古い部分だけを見ていると、二世紀前からの存在の強さが伝わってくる。Tさんとその奥さんと、Sさんとで卓袱台を囲んで、薄暗い居間でいかほどかの話しをした。後でわかったことだが、この5年間、家をどうするか、度々話し合い、度々話は棚上げになり、ズルズルと方針が定まらず、挙げ句の果てに、とうとうプロの意見を聞こうということになって私が呼ばれた、ということであった。

 

 

奥さんはご主人同様に地元の方であったが、やはり日夜炊事掃除をする当本人であり、綺麗で真新しい住宅へ建て直したかった。一方ご主人は、5代前の先祖がこれを建てて、以来、各代がここに住み暮らしてきた歴史の重みと、そして自らも育てられたこの家に、なにがしかの思い入れ、それがまったく別物になることへの未練があったようだ。それぞれの思いの矛盾が、結論を先送りにしてきた。

ひとしきりあたりを見回して、おもむろに即答した。「こんなにりっぱな構造があるのですから、基本的な構造は、大事に用いましょう。」その他、後付けでくっついているものは、全部取り剥がして、新しくすればいい。キッチンもお風呂もトイレも、全部やり直せばいい、という、建築設計者としては至極当たり前の発想を示した。

ご主人にとっては、代々伝えられてきた家の大事な骨格を存続させながら、奥さんも納得させることができるのであればということで、二つ返事で頷いてくれた。(奥さんはその段階では、半信半疑であったに違いない。)

予算は2000万円。島では立派に新築が建て替えられる予算であったが、そこをまるまる改築計画にあてがうことになった。世界中に起こっていることを想像すれば、なんの不思議もないお金の使い方であるが、当時の対馬の集落では、かように古い家を残しながら、現代的生活空間へ変貌させるような事例は、皆無であったという。対馬の夫婦にとっては、大変な決断であっただろう。それをそうさせたのは、家というモノに対する労りとか、愛着とか、歴史とか、言葉になりにくい感覚のところに蓋をせずに、振る舞われたからに違いない。

上記二枚の写真は、2007年竣工当時とその6年後の正面。下の二枚も同一フレームの時間差カット。見事な退色の好事例。対馬杉を対馬で用いたという、絵に描いたような地産地消。なまじっか、島外から材料を持ってくるのは離島故割高となるので、この選択肢しかなかったのだが、この美しく均一な退色のされかたは、地場のモノを地場で使ったからなのかと思いたくなるような事例であった。たいていは、大小の軒下のところだけ雨が掛からず退色が遅れてムラになるのだが、おそらく本土よりよほど横風が強いのだろう、そういうムラがない。

 

 

 

自然が創り出した美しいダーク色を知ると、塗装で瞬間的に再現したものとの差を知ることにもなる。

外壁(対馬の杉)、建具(米ヒバ)、ステンレスメッシュ、真鍮押縁、素材の混成。ちなみに島に木製建具屋はいなかったので、大川から来て貰った。

この家のタイトル、「神官の家」はどこから来たかというと、施主が、陶工である以前に、地元氏神様の神主を務めておられるところから。思えば、対馬は、日本の原始神道を温存する文化の涵養地。
写真上は、玄関入って直ぐの押板(=床の間)。地元の赤土で壁と床板を塗った。地元の左官屋さんは、土をもう何十年も触っていないということで、仕方なく設計者が塗った。材料の手配は陶工T。ヤキモノに使われる貴重な赤土であった。この床の間は、床の間の原型どおり、神仏を祀る空間でもある。
写真下は、対馬の典型的な仏壇。神仏習合、というより、神仏はすべて神道的に祀られる。

写真下:居間=野太い梁が井桁に組まれた、オリジナルの構造体。そこに照明が仕組まれる200年後の架構が絡まる。
奥の開口部は、L=4m×H=1.1mの一枚のガラス框戸で、人力により上に上がり、庭に向かって全開する。
ちなみにこの段階で南庭となっているところは、かつては、風呂とトイレであった。現代のコチコチ頭からは信じられない間取りであった。

 

 

 

 

 

当新しい材は新しい白木のまま、古い材は、年相応の古いまま、隣り合わせ、せめぎ合うのをそのまま眺める。

 

ランマの彫り物は、最近のものであれば、ほぼ間違いなく機械彫りであるが、当然これは手彫り。好き嫌いではなく、残す。そこに、なんだかブリティッシュな家具が、どこからともなく運び込まれてきた。この意外性、アドリブ。

 

最後に風呂トイレ。これらは増築された新しい造形の中に仕組まれた。柱梁という構造ではなく、すべて間柱で構成された空間。既存の母屋はいうまでもなく矩形の世界を免れないが、新しい空間には新しいカタチを作ることができる。「一戸で二度美味しい 」を狙った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場日誌06/0714〜0702/07

7/14 床壁の解体終了(S)

対馬の民家は独特である。石葺き屋根という日本でも珍しい構造を持つ「小屋」と呼んでいる建物は有名であるが、母屋の床も普通ではない。3間ほど束をとばす「大床造り」である。通常は半間ピッチで束が立ち床を支える小刻みな工法であるが、床を剥ぐとそこには、大きな梁が横たわっていた。地面に接地する柱材が少ないから、修理も重点的に行えるというものか。

7/15 みんなで瓦おろし(S)

恐ろしい暑さの中、施主さんが声を掛けた手伝いの人たちと職人たちとで屋根おろし。設計者も例外なく。資料で見聞きしていた古き良き時代の労働交換を目の当たりにすることができた。金銭のみの関係になりがちな高度資本主義にはない、人間的な営みを感じることができた。回顧趣味的に捉えてもしかたがない。これからの社会構造を考えるための良き手本にできないだろうか。

7/26 梅雨明け宣言(408)

対馬の現場へゆくには、23:00博多発の便に乗船する。海上、空を見て、梅雨が明けたなと思った。翌日九州の梅雨明け宣言。雨降りが一週間続いたため現場はあまり進んでいないが、兎に角も再開。石垣で使っていた石を今度は根石(柱の土台)に使う。矢っ張り大きい。ああでもない、こうでもないと選んで並べるのにも一苦労だった。

8/9 屋根に、いぶし瓦がのった(408)

当初、屋根の仕上げは「銀色系ガルバリウム鋼板」の案もあったのだが、お施主様はそれを選ばず、「瓦屋根」を希望した。果たして実物は思いの外、好かった。平屋の大きな瓦屋根が現れた。だだっ広い屋根平面の端部は数寄屋で使われる一文字瓦で潔くすっきりと仕上げる。十一時過、遠くからサイレンが鳴る。六十一年前の今日、長崎に原爆が落ちたのだと、余程に若い大工に教えられ、はっとする。

9/2 ハナレ模型をもっていく。(S)

対馬の改築の目玉は、築200年の重みをどう現代住居としてジャッキアップするかということにある。が、もう一つ楽しみがある。建物の背後に密かに増築される、風呂トイレのハナレである。造形は古い家屋に対してまるで無頓着な様相。構造は全て間柱と垂木による共持ちとし、柱梁のフレームを持たない。いよいよ造作に入ると知り、島の大工にこれ以上首をかしげてもらっていてはなるまいと、模型を抱えていく。船は再び玄界灘に揺られたが、船酔いしながらも模型は無事現場に納める。

9/21 ハナレが建ち始める(408)

模型で作ったモノが実際に建ち始めている。分かってはいた積もりだが、実物を目にするとそれ相応の感動がちゃんとある。最初はえんぴつのスケッチから始まった。紙っぺらの上の、当てにならない単線だったが、徐々に案を詰めてゆき、寸法を一つ一つ与え、組み方・収め方など詳細を決め、具体的なカタチを図面で表現した。大工が実際につくるには寸法と詳細な収め方が要る。曖昧では作れない。あとは大工に託す。一番若い大工、中野君にがんばってもらっている。

9/30 現場から工事中写真(S)

IT商品の普及は、建築という保守的なものづくりにこそ、絶大な役割を果たす。現場監督から写メールが届いた。現場が遠隔地にある場合、これほどにありがたいことはない。遠くから子を思う親心というほどではないが、玄界灘を隔てた海の向こうのあの現場が気になるのである。ずっとそばで見ていたくてもあわただしい世の中がそうはさせない。ハナレがそろそろ骨格を見せ始めているようだ。が、3日後まで時間が取れない。

10/21 母屋(おもや)の天井(408)

母屋の内装、天井貼りが始まった(母屋の外壁 + ハナレ風呂は並行して進行)。既存の天井を取り去ってあらわになった、二百年前の丸太の小屋組みは、真っ黒で大ぶりだ。今まで隠れていたが、これからはその存在感を楽しませてくれるはず。天井材は杉板。巾は不均一。貼る方向は垂木(たるき)の直交が一般的だが、そうしなかった。垂木と同様、屋根勾配の方向。棟木(むなき)に向かって一斉に登り上がる。柱・梁など既存の構造体は残しつつ、新しい材で仕上げてゆく。新しい素材の色、古い素材の色が混在した空間になる。

11/04 内装へ(S)

離島であるということが、価格に対する我々の常識を覆した。例えば、本土から運送費のかかるサイディングよりも、地場の杉壁の方が安い。同様の原理にて、フローリングは北欧パイン材よりも地場の檜材の方が安い。江戸時代の住宅と現代のそれがそれぞれ作るのに坪当たりに必要なエネルギーを算定したところ、江戸時代では4000Kcal,現代住宅では300万Kcalという試算があったことを思い出した。ここ対馬は、現代の物流システムによって当面の不利益を被っているのだろうが、別の視点に立てば、その逆ではないかと思えるのである。

11/14 ハナレ繋がる(408)

ハナレの風呂トイレと母屋(おもや)が階段で接続された。外壁にはしっかり三種類の板幅をもつ杉板が貼ってある。このハナレは一体どこを向いているのか。ただ単に岩山にしがみついて乗っかっている訳ではない。階段を上り、導線の向かう一番奥には浴室がある。ハナレは最後に45度だけ顔を北(右)に向ける。浴槽につかると正面の大きな開口から常緑の山と空が見えることになっている。

11/24 造作へ(S)

嵐で船が欠航となり、飛行機にて現場へ。荒波にそり建つ岸壁から始まる短い滑走路、風にモミクチャにされる小さな機体、これを操るパイロットはジャンボのそれよりよほど腕を必要とするのではとふと思った。ものづくりにもそういう一面はあるのだろうか。内装工事は大詰めであったが、思いの外打合せ内容量は少なかった。そこでお昼に現場から5分のところにある砲台跡を見に行った。昭和9年完成時、世界最大とのこと。この現場は、九州の最北端、そして大陸との制海権における最前衛地点であったことを感じさせるに十分であった。

12/05 左官、下地塗りにかかる(408)

あっという間に寒くなった。大工、左官はストーブもないのに平気な顔で動いている。左官が漆喰(しっくい)の下地材を塗り始めた。仕上げの漆喰は真っ平らにしない積もりでいる。かといって商空間でよく見るコテ跡を誇張する野暮もしない。その仕上げ方(表情、テクスチャー)をどういう風にするのか、角刈りニッカポッカーズの左官が一生懸命に聞いてくる。壁塗りの玄人にとっては真っ平らにするのは朝飯前。表情をつけて均質を崩すのは厄介なようだ。素人にとってはその逆だが、未熟な腕前のごまかしとしての“味”もまた野暮になり得る。

12/12 漆喰の仕上げ (s)

総額2000万円でスタートした改装工事が、+40万円の増額で、話が落ち着いた。モノの出来映えにはなんの関係もないが、コストコントロールも設計者の仕事、これがまとまると安堵の程も少なくはない。さて、久しぶりに一泊して左官屋さんと壁を塗った。当然、金こて押さえしかしらない純粋無垢な職人に、漆喰ミルフィーユ仕上げと、塗り重ね仕上げを伝授。作業員であった施主+設計者を含み、職人たちとその出来映えの喜びを分かち合った。旧天井の構造に絡まった水平材架構(照明)による新旧のコントラストもうまくいきそうだ。
12/18 土壁の下地、竹小舞づくり(408)

一部分、既存家屋の壁に赤土を塗ることになっている。下地は竹の小舞(こまい)である。お施主様の山から青竹を切ってきて、ナタで六等分に割いて打ち付ける。施工は、お施主様と設計者も参加した。簡単だと考えていたが、想像を大きくはずれて、手間がかかった。手間がかかるのは素人の手によるためだと思ったら、大工に聞いても、あれは手間がかかると苦笑いをされた。

12/22 赤土と亜麻仁油 (s)

この家のタイトルは「神官の家」である。それは、施主代々「神官」であったことから、玄関を空けると神棚が鎮座するプランに納まったことによる。その神棚は赤土の洞床を計画した。施主は神官でもあったが、また類い希なる陶工でもあった。赤土は彼にとってあまりにも近しい素材であった。だが、それを塗る左官屋が居なかったので、設計者である私と施主とでここの部分を引き受けた。割り竹の下地に赤土を塗りつけた。セメントをこねている左官屋が強烈な関心を寄せる。その他の職種もしかり。神様にも慶んでもらいたいものだ。
12/30 年の瀬(408)

大工は仕事をほぼ終えて暇そうにしているが、左官、電気屋、建具屋が忙しく動いている。年内の引っ越しはできなそうだ。昔ながらの対馬の家では、敷地に小さな小屋が母屋から離れて二つ三つ点在している。造りは対馬の様式でどこの家も同じデザインの小屋だ。火事などの災害時に被害を少なくするため、布団小屋、食器小屋、という風にリスクを分散させているのだそうだ。結婚式でもらった、使うに使えない引き出物の食器をしまう場所も兼ねることができる。

01/23 残工事(s)

往路の船はこんなに上下していいのかと思うほど、波にもまれた。遊園地で自然落下を楽しむ輩は皆この船に乗ればいいと思った。現場もいささかそんなである。本来なら年内に住んで頂けるハズの工事が未だ住めない状況。全体としてはよい建築になったと思ったが、度重なる設計変更に工務店は画竜点睛のための追い上げ力を見失ったようである。彼らがやってくれなければモノは完成しない、という原理と、彼らを気遣いすぎれば我々の仕事が半端になるという矛盾にいた。もう少しだから頑張ってくれ、途中の苦難も出来さえすれば、皆で完成を喜び合えるのだ。

02/06 留守の作業(408

深夜便のフェリーで通った現場も今回で最後である。お施主様は仕事で留守。職人たちは大方の仕事を終え、また新しい別の現場へ。私一人で建築巧房の分の残工事作業をする。家の中で建具に柿渋を塗り、障子を貼っていると、近所の島民が見物にやって来る。赤子を抱いている。敷地をぐるり一回りすると、玄関の扉を開け、平気で中へ入って来た。そういう私も勝手に上がり込んで作業をしている訳であるが、島民がしきりに赤子に感心の言葉を投げかけるのを、私も赤子と一緒に心地よく聴いていた。

02/07 しめくくりになるか・・(s)

漸く完成した現場(実際にはたくさん駄目が残っているが。)の一応最後として赴いた。これまで雑然としていた外構、特に足下が整うとやはり建築は見違える。これまでのふらついていた印象が漸く焦点を結んだのでは・・。この度の施主さんはモノを突き詰めるという意味では同じ道の旅人、ここだけの話、詳述しきれぬほどのことを学んだ。一つだけ取り上げるなら。彼は私のことをなんにも違和感を感じない、といった。相性云々を「違和感がない、その他」と表現するのはとても自然な言句だと思った。