2024 窓計画展 神戸に家具を出展します。

 

設計+制作/建築巧房は、継続PRJ.アダム計画の一環として、家具を制作して、販売します。

アダム計画のページへ

 

九州の位置『現場でつくる』

6/22(土)夕方〜、神戸会場にて、九州大学の岩元真明さん(+建築家)と「九州の位置」という主題を共有して、話をさせていただくことになっています

(自分たちが決めたお題ではないのですが)おそらく、この窓計画の全体が、場所を前提にした各人の営みを注視している、ということで、九州に居る人間は、九州に絡めて話をせよ、ということと受け止めています。

と言っても、そこに居るものが、その場所を対象的に捉えるのはそれほど容易なことではありません。振り返れば、私自身の建築づくりは、愚直に、その場所から見渡して、「あるもの」を用いてそれを建築にしてきた、というものであります。その場所にあるものとは、最もわかりやすいものでは、その敷地の土だったりします。近くの素材を用いるとは、地産地消と叫ばれるように、わかりやすいことではありますが、同時に、身近な土ではあっても、それを建築の部位に成立せしめるための、個人の技能が現場に必要になってきます。

身近な素材を扱える彼ら(=職人)もまた、場所に育てられています。振り返ると、素材があって、それに取り組む人が居て、その建築を、施主が営みの場として育てあげて、と結果的に場所から逃れられない建築となっていることがわかります。その繰り返しと積み重ねが、地域の文化の一層をつくっていく。

場所の固有性とか差異は、今日では、しばしば求めて、商品化していくものではありますが、「求める」というよりも、「認める」ものではないでしょうか。そのぐらい逃れられないもの、であり、多かれ少なかれ、場所に育てられている、という観察眼で見渡してみたいと思っています。。

 

以下は、滋賀県立美術館で同時開催の窓展、EASTの方々が出展されます。

» お知らせの一覧へ