採用情報

 

こんなことを考えながら、設計する仲間を増やしたいと思っています。

1.人としての成長  なにをもって人としての成長というのかは、様々ですが、例えば、人様から信頼される、とか、頼りにされる、とか、不愉快な思いをさせない、とか、一緒にいると幸せな気持ちになれる、とか愉しい、とか、元気が出る、など、とにかく、本人の自覚の有無を問わず、人様の役に立つ状態を保てる人、の人間像を、まずは掲げたいと思います。

2.天職  そういう人間になっていくためには、まずは、自分が人様に信頼される具体的なスキル(=建築)のようなものを持とうとするのは当然であるかもしれません。一方で、人間は、なにかのスキルさえ磨けば、人間としての成長かというと、それだけでは全く片手落ち、です。どんなに優れたスキルであっても、それが本当に他人を幸せにするかどうかというのは、わかりません。一定の時間の経過によって、社会の価値観も変わっていきます。

常に人様の立場に立って、自分の存在を顧み、活かしていくような自己制御が必須です。人は生業を通して、自己の練磨と制御を同時にトレーニングするのだと思います。

生業は、本当はなんでもいい、のかもしれません。でも少し欲を言えば、より、誰でもは出来ない、より、高度な、かつ社会的に意義ある(と思われる)ことに挑戦し、たゆまず努力していくことが、より深く確かな成長を導いてくれるように思います。その人にとって、その時に超えられるかどうかのギリギリの局面や環境が、順を追ってその人の目前に現れる、これこそが、まるで天から降ってきたかのような仕事場=天職なのでしょう。ここははそういう場であって欲しいと思っています。

https://www.facebook.com/設計制作建築巧房-1494798047455705(事務所の営みの何がしかを公開しています。)

3.得意不得意  建築設計は、どんなプロジェクトであってもその一件に、見上げれば、社会を見据えた叡智の類を必要としています。また、どこまでも末端の「猿仕事」(猿でも出来る単純労働)が存在します。また、建築は、社会性を帯びた場所的側面であり、大地に根を下ろす構造体という物体の側面、そしてドアノブに至る小さな造作物や素材の集合体という物質的側面があります。これらに対して、各人の得手不得手があるかもしれません。得意なところを伸ばすところに始まり、できれば、不得意な対象にも挑んでいただきたい。そこには時間とエネルギーがかかりますが、不得意を乗り越えるところに、人間の生の尊さがあります。高低差のある、より大きな山を各人のペースで、各人の地点から登ってください。その時の事務所が抱える全プロジェクトをシフトとして再編します。そこから各人の山を見つけてください。

設計助手(工学部建築系4年制卒以上)

1名募集しています。ポートフォリオを拝見いたします。

» 求人情報(engage)

無求学校 (建築学科4年生未習者/学生)

互いに金銭的報酬を求めない雇用の場、学校の環境。
かつての丁稚奉公、あるいは今日のオープンデスク。

お問い合わせ zabooon@kooobooo.net