2017. 10. 1

第175(日)技術のデザイン-2(職人的技術の手前に)

店舗に設置してあるレジスターの背面を上手に隠せるなにかをデザインして欲しいの依頼を受けて、5×30の角材を屏風綴じにした、小さな衝立を考案。高さは250mm、蝶番は、建築の内装にはもちろん家具にも滅多にはお目見えしない、極小蝶番の存在を発見、それを200個。そしてネジ屋に出向いて、店で扱っている最小の鍋ビスが何とか径に入ることを確認して、900本を購入。

只単に小さいというだけではあったが、未知のスケールの造作。本来は家具屋に製作を依頼するのが当然だが、ワンセット(屏風風にいうなら、五〇曲一隻)6万円という見積が出てきた。おそらくこの小ささと、関節の数に腰が引けたのだろう。私の方は、たかだかこの程度の役割の品物にこんなに掛けるわけいかないと腰が引けて、抗議の意を込めて、発注を引いて事務所で製作を請け負うことになった。

作り方の合理性は作りながら判明させる、そのスタイル。もう一回請けたらもっと時間短縮できただろうが、今回は五〇曲二双(つまり50枚の繋がりが2セット)+塗装をして、合計するとだいたい丸1日(24時間)ぐらいかかってしまった。

 

思えば、この品物にデザインされた技術は、修練されなければ得られないような高い木工技術は不要である。代わりに、繰り返される工程に絶えながら、一定の精度を保つ執念だけは必要である。試しに学童強制労働として、小学一年生をも借り出してみたが、品質に関わらないところで彼らが加勢できる工程があることが判った。家内制工業はこうやって成立したのだろう。もちろん、これを沢山作るのだとなれば、某かの機械を作り、人間の苦労を解消していくことは可能だ。本来的にハンドメイドでなければ出来ないという技術デザインではない。

1.既に工業的に製作(量産)されているものを主とするデザイン

2.高い技術は不要だが、人間の手で行うと大変な手間がかかるもの(機械化によって量産されうる技術デザイン)

3.手工業=人間の手によってでしか作ることのできない技術デザイン

技術のデザインという意味では、機械と人間の関係によって、大きく上の3段階があるように思う。現代の様々な量産ラインを想像するならば、大抵の煩わしい繰り返し工程は機械が取って代わることができるだろう。そういう状況にあっては、3.人間の手によってしか作ることができない、という技術デザインの領域は、いわゆる熟達した、優れた職人の技術ということもできるし、もしかしたら、優れた職人技術とは言えなくとも、生身の人間の手間の集積によって、この領域に踏み込めるモノがあるのかもしれない。

今回の代物は、おそらく2.止まりだが、それなりにできあがりは愉しみだった。例え特別な技術でなくとも、手間が掛かる、ということが「見たことがない」という状況を作り出している場合は、素直にそれがそのモノの価値となる。

私たち日本人は、なんとなく習性として職人的な技術へのあこがれを持っているが、一方では、其れが経済活動の中で神格化し、棚の上に飾る技術のようなものとして日常生活から追いやっているという側面もある。もう少しその手前には、技術的には踏み込めそうな、手間でもって切り抜けられそうな世界がある。そこをあえて他人任せ=お金で買うのではなく、自分の愉しみとしてやってみる。知らぬ間に神格化されていた職人の手仕事が、他人事ではなく身体感覚として理解しやすくなるような気がする。彼らの仕事を観る力、想像する力となるような気がする。

 

« »