2022. 7. 31

第197(日)無冷房執務への挑戦

ちょうど10年前、「スマートとセンシブル」と題したエッセー、を西日本新聞の文化欄のために執筆した。当時、ずいぶんと、担当の方から、もっとわかりやすく、の推敲を受けながら、入稿したことを思い出した。短い文章の中に、結構、根の深いことを書こうとしたから、力んだかもしれない。読者側からすれば、今読んでもわかり難かろうことを慮るもののがある。しかし、言わんとすることは、今でも変わらない、むしろ、死ぬまで言い続ける必要性がありそうだと確信を強める一方である。

私たちは皆、今の時点の位置から、いろんな物事の見聞において、未来も歴史も、両方とも、ある意味イーブンに楽しむことができる。でもそれは、もっぱら外観のスタイル(=カタチ)である、その外形をかたづくる中身の技術については、古い技術は新しいそれと対等に並ぶことができず、新しいものに頼るのが常である。ならば、意図的に、意識的に、古い技術の現代的な意義を考えつつ、古い技術を取捨選択すべきではないか。新しい技術を目指す姿勢、もしくは新しい技術の矛先を仮にスマート、と言い換えるなら、その正反対の姿勢に言葉があるか、というと、とりあえず見当たらなかった。そこにセンシブル=分別のある、思慮深い、という語を当てつけた。スマートが「賢い」ならば、もうちょっと、広く先を俯瞰していそうな、「分別のある」意を対置させた。それほどまでに「スマート」は、卑近な利便性能の類に狭められたキーワードに成り下がってしまったように思えた。スマートの冠を着せた構想やプロダクトが、本当に「賢い」のかどうか、怪しくなってきた。これを2010年ごろから、悶々と一人でつぶやいていたのが、つい最近、「不便益」の言葉、研究概念(不便益システム研究所)を知り、言葉は違うが、眼差しがほぼ同じ、ということが判明し、同朋を得た感があった。

 

さて、事務所にて、このクソ暑い夏であるにもかかわらず、可能であれば、冷房をつけず、窓を全開して、設計業務を無理なく行うというトライアルに毎日挑んでいる。その日1日、冷房をつけずに、済ますことができれば、無冷房執務の達成、となる。知っている人からは、なにをしているのかわからない、ということで、ここで改めて意義をいうなら、どこまでの暑さを我慢できるか、とかどこまで電気代を節約できるか、ということの他に、体がどれだけ丈夫になるか、を自身の身体を使って実験している。熱中症がなぜにこれほどまでに、多くなったかの、主たる理由は、異常気象、ということなのかもしれないが、それだけではなく、冷房の普及を始め、人間側の能力の減衰も関係あるはずだと思っている。人間は、だれでも、外気温にある程度適応する恒温動物だが、それを具体的に制御しているのが、自律神経である。これが本格的に乱れると暑さ寒さに我慢ができなくなる。

人が夏に、外気温にさらされる時間を、ゼロに近づけられるなら、話は別かもしれない。宇宙戦艦ヤマトの地下都市ならこんな議論が必要ないのかもしれないが、今の現実の生活は活動している人間にとっては難しい。少なくとも建築業は、夏に建築現場があれば、エアコンの効かない空間で、所定の時間を過ごすから、1日の内の極端な温暖差サイクルは、恒温動物の恒温性能を超えて、体がおかしくなる。

もしかしたら、高温多湿の外気の状態は、体を芯から温め様々な器官を整えてくれる、低温サウナ(塩サウナとかミストサウナは40〜50℃だとか)の類ではないだろうか、と思いつき的な仮説すら出てくる。

事務所が幸い、中心市街を離れて緑の多い高台に位置しているから、その地の利を証すためのトライアルでもあるかもしれない。自然の風を頼りに。

執務の品質が、落ちるのではないか?あるいは、体は低温サウナもどきで整う前に、くたばってしまうのではないか?それはありうる。だから、気温がぐんぐん上がってくる昼頃になってくると、お互いに顔を見合わせて、「大丈夫か?」(ちゃんとやれているか)の声を掛け合う。殺伐とした設計事務所に、妙な思いやりのようなものが生まれる。これはもうよくない、と思えば、迷わず、冷房をON。もし、昼の一番暑いピークを越えて、夕方の涼しい風が事務所をひと吹き通り過ぎようものなら、例えようのない達成感が生まれる。

ちなみに、無冷房執務が達成できるか否かは、気温よりも、湿度が大きい。気温が30℃を下回っても湿度が70%などになれば、迷わず冷房ONである。そして平均風速は、ありがたい。図面の類がしわくちゃになりながら全部吹き飛んでしまっても、窓全開、大歓迎である。念の為、室内の風速をはかるために、簡易な風速計を購入した。気象庁観測の平均風速が4m/sあっても、実際の室内は、1m/sいかない。もしかしたらビジネスチャンス?としばし思い倦ねる。

この自虐的トライアルに込めたものがもう一つあった。いわずもがな環境負荷軽減の様々な振る舞い、行動規範における、根本的な2叉路。我慢しないエコロジーか、我慢を余儀なくされるエコロジーか。

センシブルの指しているのは、迷わず、我慢を余儀なくされる類である。我慢せずに、地球を維持していこうというのは、どうしてこうなったかの経緯を考えると、どうひっくり返そうと思ってもできない、と思うのだ。我慢せずに、テクノロジーを中途半端に進展させて、スマートに解決しようという典型の成功例が今まであっただろうか?限られた、しかも神には達しない頭脳の集積だけで努力するというのではなく、全員が、それぞれで小さな我慢をする。思いの外、深いぞ、無冷房執務。

 

»